アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

文字列の多言語対応

2011年2月13日(日) 10:09 PM

英語以外の言語を利用する場合は、「values-< 言語を表す文字列>」

というフォルダを作れば、対応できます。

日本語の場合は、「values-ja」になります。

< 言語を表す文字列>はISO639-1に従った名前です。

For several languages

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL

http://appli-info.jp/2011/02/13/%e6%96%87%e5%ad%97%e5%88%97%e3%81%ae%e5%a4%9a%e8%a8%80%e8%aa%9e%e5%af%be%e5%bf%9c/trackback/

  • 広告

* RSS FEED