Androidアプリ開発入門のFAQとおすすめアンドロイドアプリ・ゲーム紹介サイトです。

Android

Android Debug Bridge (adb)を使って、SQLiteを操作する。

Category:

Android 開発

2012年2月3日(金) 2:32 PM

Android Debug Bridge (adb)は、デバッグの際に使用するエミュレーターやアンドロイド端末を操作することができるコマンドラインツールです。

adbを使うことで、SQLiteをコマンドライン上で操作することができます。

Android Debug Bridge (adb)を使って、SQLiteを操作する。

①まず、操作したデータベースがあるアプリをデバッグし、エミュレータを立ち上げておきます。

②次に、「コマンドプロンプト」から、カレントディレクトリーを、Android SDK内の「platform-tools」に変更します
(例:「cd C:\Android\android-sdk-windows\platform-tools」)

③「adb shell」と入力して、adb shellを起動します。
(*うまくできない場合は、「プログラムとファイルの検索」(Windows 7)から「adb shell」と入力しても実行可能です。)

④すると、「#」の文字が出てくるので、「# cd /data/data/(パッケージ名)/databases」と入力して、カレントディレクトリーを変更します。
(例:「cd /data/data/com.sample.android.dbsamplea/databases」)

④「# sqlite3 (データベース名)」と入力します。
(例: 「# sqlite3 testdb」)

⑤「sqlite>」の文字が出てくるので、SQL文を書くと、SQLiteを操作することができます。
(例:「sqlite> SELECT * from testtb;」と書くと、testtbテーブルにあるデータが列挙されます。 )

⑥終了するときは、「sqlite> .exit」、「# exit」で終了します。

SQLiteの使い方(SQLiteOpenHelperクラス)~その2~

2012年2月2日(木) 11:06 AM

SQLiteの使い方(SQLiteOpenHelperクラス)~その1~で作ったサンプルに、SQLiteのレコードの更新機能と削除機能を追加してみました。

前回のサンプルと同じように、エディットテキストに入力して、「追加」ボタンを押すと、データがデータベースに追加されていきます。

SQLiteの使い方の画像1

「削除」ボタンを押すと、ID番号が一番大きいIDのデータが削除されます。

SQLiteの使い方の画像2

「更新」ボタンを押すと、ID番号が一番大きいIDのデータが「更新しました」に変わります。

SQLiteの使い方の画像3

「削除」ボタンを押すと、ID番号が一番大きいIDのデータが削除されます。

◆◆◆データベース(レコード)の更新◆◆◆
db.update(“testtb”, values, “_id = ?”, new String[] {“1”});

第一引数:テーブル名(String型)
第二引数:カラム値を格納したContentValues型の引数(ContentValues型)
第三引数、第四引数:SQLのWHERE条件文を作成するための引数。(String型、String [] 型)

第三引数、第四引数は、_id=1とかcomment=2などの簡単な条件文じゃないと、デバックが通りませんでした。max関数など複雑な条件文にするときはdb.execSQL(“”);を利用した方がいいかもしれないです。

◆◆◆データベース(レコード、テーブル)の削除◆◆◆
db.delete(“testtb”, “_id = ?”, new String[] {“1”});

第一引数:テーブル名(String型)
第二引数、第三引数:SQLのWHERE条件文を作成するための引数。(String型、String [] 型)

第二引数、第三引数を両方とも「null」にすると、すべてのレコードが削除されます

◆◆◆データベースの削除◆◆◆
File file = new File(“/data/data/com.sample.android.dbsamplea/databases/testdb”);
file.delete();

データベースそのものを削除するときは、file.delete();を使います。最初に、new File(“/data/data/(パッケージ名)/databases/(データベース名)“)でFileオブジェクトを生成し、その後delete();を使って削除します。
(File(“”)の引数は、データベースがあるパスです。Eclipseで、デバッグする場合は、DDMS画面で確認できます。)

↓↓↓修正または追加したファイルのコードは以下の通りです。↓↓↓
(それ以外は、SQLiteの使い方(SQLiteOpenHelperクラス)~その1~で作ったものと同じです。)

「DBSampleA.java」のサンプルコード

package com.sample.android.dbsamplea;

import java.io.File;

import android.app.Activity;
import android.content.ContentValues;
import android.database.Cursor;
import android.database.sqlite.SQLiteDatabase;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.EditText;
import android.widget.TextView;

public class DBSampleA extends Activity implements View.OnClickListener{

	private Button btn[] = new Button[3];
    private EditText edittext;
    private TextView textview;
    private MyDBHelper myhelper;
    private String str;
    private int num = 0;
    private static SQLiteDatabase db;

    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        //ボタンの生成
        btn[0] = (Button)findViewById(R.id.AddButton);
        btn[0].setOnClickListener(this);
        btn[1] = (Button)findViewById(R.id.UpdateButton);
        btn[1].setOnClickListener(this);
        btn[2] = (Button)findViewById(R.id.RemoveButton);
        btn[2].setOnClickListener(this);

        //エディットテキストの生成
        edittext = (EditText)findViewById(R.id.AddEditText);

        //テキストビューの生成
        textview = (TextView)findViewById(R.id.MyTextView);

        //データベースヘルパーの生成
        myhelper = new MyDBHelper(this);
        db = myhelper.getWritableDatabase();
        //db.delete("testtb", null, null);
        Cursor c = db.query("testtb", new String[] {"_id", "comment"}, null, null, null, null, null);
        startManagingCursor(c);
        str = "データベース一覧\n";
        while(c.moveToNext()) {
        	str += c.getString(c.getColumnIndex("_id")) + ":" +
        		c.getString(c.getColumnIndex("comment")) + "\n";
        	num++;
        }

       	textview.setText(str);
    }

    //ボタンクリックイベントの処理
    public void onClick(View v) {

    	ContentValues values = new ContentValues();

    	if(v == btn[0]) {
        	values.put("comment", edittext.getText().toString());
        	db.insert("testtb", null, values);
        	num++;
    	}
    	else if(v == btn[1]) {
    		String[] args = {String.valueOf(num)};
    		values.put("comment", "更新しました");
    		db.update("testtb", values, "_id = ?", args);
    	}
    	else if(v == btn[2]) {
    		String[] args = {String.valueOf(num)};
    		db.delete("testtb", "_id = ?", args);
    		num--;
    	}

        Cursor c = db.query("testtb", new String[] {"_id", "comment"}, null, null, null, null, null);
        startManagingCursor(c);
        str = "データベース一覧\n";
        while(c.moveToNext()) {
        	str += c.getString(c.getColumnIndex("_id")) + ":" +
        		c.getString(c.getColumnIndex("comment")) + "\n";

        }

       	textview.setText(str);

    }

    @Override
    public void onDestroy() {
    	super.onDestroy();
    	myhelper.close();

    	//データベース削除
    	File file = new File("/data/data/com.sample.android.dbsamplea/databases/testdb");
    	file.delete();
    }
}

「main.xml」のサンプルコード

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>
<EditText
android:id="@+id/AddEditText"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
/>
<LinearLayout
android:orientation="horizontal"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content">
<Button
android:id="@+id/AddButton"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="追加"
/>
<Button
android:id="@+id/UpdateButton"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="更新"
/>
<Button
android:id="@+id/RemoveButton"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="削除"
/>
</LinearLayout>

<TextView
android:id="@+id/MyTextView"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/hello"
/>
</LinearLayout>

SQLiteの使い方(SQLiteOpenHelperクラス)~その1~

2012年2月1日(水) 2:45 PM

SQLiteのデータベースを作成し、エディットテキストから入力したデータを登録し、画面に表示するサンプルを作ってみました。

「データベース一覧」に、データベースに登録されているデータが表示されます。

データベース SQLiteの使い方の画像

「five」と入力して、追加ボタンを押すと、一覧に「5:five」と表示され、データベースにデータが追加されていきます。

データベース SQLiteの使い方の画像

◆◆◆SQLiteOpenHelperクラスを継承したクラスの実装◆◆◆

public class MyDBHelper extends SQLiteOpenHelper {

public MyDBHelper(Context context) {
//DBを作成
super(context, “testdb”, null , 1);
}

@Override
public void onCreate(SQLiteDatabase db) {
db.execSQL(“CREATE TABLE testtb (_id INTEGER PRIMARY KEY, comment TEXT)”);
}

@Override
public void onUpgrade(SQLiteDatabase db, int oldVersion, int newVersion) {

}

「onCreate」は、データベースを作成した時に呼び出されるメソッドで、「onUpgrade」は、データベースをバージョンアップした時に呼び出されるメソッド。「onCreate」に、データベースのテーブルを作成するコードを書くことが多い

◆◆◆データベースの生成◆◆◆
public MyDBHelper(Context context) {
//ストレージ(ローカルファイル)にDBを作成
super(context, “testdb”, null , 1);
}

第一引数:コンテキスト
第二引数:データベースの名前(String型)
第三引数:とりあえず null にしておけば大丈夫だと思います。(CursorFactory型)
第四引数:データベースのバージョン番号(int型)

◆◆◆SQLの実行◆◆◆
db.execSQL(“CREATE TABLE testtb (_id INTEGER PRIMARY KEY, comment TEXT)”);

” “の中にSQL文を書いて実行することができる。テーブルを作成するだけでなく、レコードの追加(INSERT)、更新(UPDATE)、削除(DELETE)なども実行できる。ただし、検索(SELECT)は発行されないらしいので、db.queryを使う

◆◆◆データベース(レコード)の削除◆◆◆
db.delete(“testtb”, null, null);

第一引数:テーブル名
第二引数、第三引数:SQLのWHERE条件文を作成するための引数。

例えば
db.delete(“testtb”, “_id = ?”, new String[]{“1”});
を実行すると、_id=1のレコードが削除される。
(引数を二つに分けているのは、SQLインジェクション対策だと思われます。)

◆◆◆データベース(レコード)の検索◆◆◆
Cursor c = db.query(“testtb”, new String[] {“_id”, “comment”}, null, null, null, null, null);

第一引数:テーブル名
第二引数:取得するカラム名
第三引数、第四引数:条件文作成のための引数
第五引数:groupBy句の引数
第六引数:having句の引数
第七引数:orderBy句の引数
戻り値はCusor型のオブジェクト

◆◆◆カーソルの使い方◆◆◆
startManagingCursor(c);
while(c.moveToNext()) {
/*データがなくなるまで、ループ処理が繰り返される。
str += c.getString(c.getColumnIndex(“_id”)) + “:” +
c.getString(c.getColumnIndex(“comment”)) + “\n”;
}

startManagingCursor(Cursor c)は、カーソルを自動で管理してくれるメソッドで、このメソッドを呼び出した後、c.moveToNextを呼び出すと、カーソルが最初のデータに移動します。そのあとに、c.moveToNextを呼び出すとデータがなくなるまで、次のデータにカーソルが移動します
c.moveToFirstでも、最初のデータに移動することができますが、カーソルを使い終わった後に、c.closeをする必要があります。これをしないと、デバッグの際にSQLiteCursor.finalize()で強制終了してしまいます。startManagingCursor(Cursor c)は、カーソルのcloseを自動でしてくれるみたいなので、必要ありません。)

◆◆◆データベース(レコード)の追加◆◆◆
db.insert(“testtb”, null, values);

第一引数:テーブル名(String型)
第二引数:nullColumnHack。とりあえずnullで大丈夫だと思います。(String型)
第三引数:カラム値を格納したContentValues型の引数(ContentValues型)

◆◆◆ContentValuesに値を追加する。◆◆◆
ContentValues values = new ContentValues();
values.put(“comment”, edittext.getText().toString());

第一引数:キー値(カラム値)(String型)
第二引数:値(String型、integer型、Long型など)

↓↓↓修正または追加したファイルのコードは以下の通りです。↓↓↓
(それ以外は、新規プロジェクトを生成した時のものと同じです。)

「DBSampleA.java」のサンプルコード

package com.sample.android.dbsamplea;

import java.io.File;

import android.app.Activity;
import android.content.ContentValues;
import android.database.Cursor;
import android.database.sqlite.SQLiteDatabase;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.EditText;
import android.widget.TextView;

public class DBSampleA extends Activity implements View.OnClickListener{

	private Button btn;
    private EditText edittext;
    private TextView textview;
    private MyDBHelper myhelper;
    private String str;
    private static SQLiteDatabase db;

    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        //ボタンの生成
        btn = (Button)findViewById(R.id.AddButton);
        btn.setOnClickListener(this);

        //エディットテキストの生成
        edittext = (EditText)findViewById(R.id.AddEditText);

        //テキストビューの生成
        textview = (TextView)findViewById(R.id.MyTextView);

        //データベースヘルパーの生成
        myhelper = new MyDBHelper(this);
        db = myhelper.getWritableDatabase();

        //データベーステーブルクリア
        db.delete("testtb", null, null);

        //データベースのデータを読み取って表示する。
        Cursor c = db.query("testtb", new String[] {"_id", "comment"}, null, null, null, null, null);
        startManagingCursor(c);
        str = "データベース一覧\n";
        while(c.moveToNext()) {
        	str += c.getString(c.getColumnIndex("_id")) + ":" +
        		c.getString(c.getColumnIndex("comment")) + "\n";
        }

       	textview.setText(str);
    }

    //ボタンクリックイベントの処理
    public void onClick(View v) {

    	//データベースに、データを登録。
    	ContentValues values = new ContentValues();
    	values.put("comment", edittext.getText().toString());
    	db.insert("testtb", null, values);

    	//データベースのデータを読み取って表示する。
        Cursor c = db.query("testtb", new String[] {"_id", "comment"}, null, null, null, null, null);
        startManagingCursor(c);
        str = "データベース一覧\n";
        while(c.moveToNext()) {
        	str += c.getString(c.getColumnIndex("_id")) + ":" +
        		c.getString(c.getColumnIndex("comment")) + "\n";

        }

       	textview.setText(str);

    }

    @Override
    public void onDestroy() {
    	super.onDestroy();
    	myhelper.close();

    	//データベース削除
    	File file = new File("/data/data/com.sample.android.dbsamplea/databases/testdb");
    	file.delete();
    }
}

「MyDBHelper.java」のサンプルコード(追加ファイル)

package com.sample.android.dbsamplea;

import android.content.Context;
import android.database.sqlite.SQLiteDatabase;
import android.database.sqlite.SQLiteOpenHelper;

public class MyDBHelper extends SQLiteOpenHelper {

	public MyDBHelper(Context context) {
		//DBを作成
		super(context, "testdb", null , 1);
	}

	@Override
	public void onCreate(SQLiteDatabase db) {
		db.execSQL("CREATE TABLE testtb (_id INTEGER PRIMARY KEY, comment TEXT)");
	}

	@Override
	public void onUpgrade(SQLiteDatabase db, int oldVersion, int newVersion) {

	}
}

「main.xml」のサンプルコード

< ?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<linearlayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>
<edittext android:id="@+id/AddEditText"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
/>
<button android:id="@+id/AddButton"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="追加"
/>
<textview android:id="@+id/MyTextView"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/hello"
/>
</linearlayout>

プロジェクトにエラーマークがついた時の対処法

Category:

Android 開発

2012年1月18日(水) 3:57 PM

Eclipseの画面左にあるパッケージエクスプローラーのプロジェクトのところにだけ、赤いエラーマークがついていて、中のソースにはエラーマークがついていないときは、

Eclipseのメニューの[プロジェクト]の[クリーン]を押して、ワークスペースをビルドし直すと、エラーマークが消えることが多いです。

それでも、消えないときは、「debug.keystore」の有効期限が切れている可能性があります

その時は、「debug.keystore」を削除してから、「クリーン」を押すとエラーマークが消えます。
(「debug.keystore」の場所は、Eclipseのメニューの[ウィンドウ]→[設定]で、「設定」画面に入って、左メニュー[Android]→[ビルド]で確認できます。)

「debug.keystore」の場所

apkファイルをアップロードできない

2012年1月15日(日) 3:40 PM

IE8で、アンドロイドアプリのapkファイルをアップロードしようとすると、「予期しないエラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」とエラーが出て、アップロードできません。

理由はわからないのですが、「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」、「Safari」でアップロードすると、エラーなくアップロードできました。

IE8は、四、五ケ月ずっとアップロードできないままですし、IE9もアップロードできない時があるみたいので、アップロード時のブラウザは他のものを使った方がいいかもしれません。

apkファイルをアップロードできない

* RSS FEED

広告