アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

Web開発

もしもドロップシッピング 商品を売る~後日談その3~

Category:

Web開発

2012年1月13日(金) 5:54 PM

サイトのデザインが多少ましになったので、商品ページ作成と広告を出す作業に時間をかけることにする。

今まで、目についた商品(ランジェリー、フード、ブレスレット)のページを作ってきたのですが、全く売れる気配がないので、カテゴリーページにあるカテゴリーランキングや今コレが売れましたの商品を見て、ページを作ることにする。

それを続けていると・・・

なんと やさしいコルクマットラージサイズ(45cm)64枚セット(約8畳) ジョイント マットとサイドパーツが売れました。

もしもドロップシッピングを始めてから約2か月、やっと初めて商品が売れました!ずっと売れない時期が続いたので、うれしかったです。

ただし、平均CPCが50円くらいあったので、売れても赤字でした。
しばらく入札価格を50円にして、広告をだしていたのですが結局売れず、広告費がかさむので、入札価格を下げることに。
これ以降は、入札価格を20円くらいにして、出しているのですが、入札価格が安すぎるためか、インプレッション数がほとんどなく、ほぼクリックされない感じです。

人気商品の広告は、CPCが高くなり、広告費がかさむので爆発的に売れてくれない限り、利益をだすのが難しいことを痛感。やはりSEOで頑張るしかないかな・・・。

安い広告費で、多少売れたりするマイナー商品を探すか、人気商品にSEOで勝負する。どちらかで頑張るしかないと思った2011年11月、12月でした。

・・・次回に続く。

SEOとは?

Category:

Web開発

2012年1月12日(木) 6:22 PM

SEO(Search Engine Optimization)は、「検索エンジン最適化」と訳される検索されたときに、ページの上位に表示されるための工夫です。

良く使われる検索エンジンとして、GoogleとYahooがありますが、両方とも2012年1月現在では、Googleの検索ロボットを使って、順位を決めているらしいので、Google検索ロボットに評価してもらえるようサイトを作ることが大事です。

また、検索ロボットに認識してもらうため、自分のサイトのURLを登録する必要があります。「Google URL 登録」などで調べればでてきます。僕はGoogle以外にBingにもURLを登録しています。この二つにまず登録するのが標準的かなと思います。

Google検索ロボットがどのようにして評価されるか公開されていないらしく、またその評価方法も更新されていくため、これをすれば確実だという方法はありませんが、見る価値のあるサイトを上位にしようというのがGoogleの方針らしく、具体的には以下のSEO対策が効果的だと言われています。

①他のサイトにリンクしてもらう。(被リンク)
②コンテンツを充実。オリジナルの文章やコンテンツでサイトを作る。
③HTMLのヘッダー部分のtitle,description,keywordsやh1,h2タグに検索ワードを盛り込む。

すぐに効果がでないので、地道にするしかないみたいです。。。

もしもドロップシッピング 商品を売る~後日談その2~

Category:

Web開発

2012年1月12日(木) 5:51 PM

キーワードアドバイスツール使って、多少クリック率は上昇したものの、商品が売れない日々が続く。

超できすぎくんを諦めて、FC2の無料レンタルサーバーを借りて、できすぎくんを使って商品ページをつくっていくやり方に変更する。
(できすぎくんは、商品ページを簡単に作成することができるもしもドロップシッピングが提供しているツール)

トップページやカテゴリーページを作り、そこから商品ページに行けるようなショップサイトらしい作りにする。
また、できすぎくんで作ったページのままだと、ヘッダー画像が商品ページごとに画像が違ったりするので、ヘッダー部分を共通のものに書き換える作業を各ページ行う。(これがすごく時間がかかる。。。)

カテゴリーページは、ファッション、ダイエット・健康、美容・コスメ、生活雑貨、ホビー・エトセトラ、フード・ドリンク、家電のカテゴリーをつくり、目についた商品の商品ページを作り、Yahooリスティング広告に出稿するという作業を繰り返す。

それでも、売れず、広告費がかさむ一方。。。なかなか売れないことを痛感する。

このままではと思い、GoogleAnalyticsを使って、アクセス解析を始める。
(GoogleAnalyticsは、その日のアクセス数やユーザーの滞在時間、どういう検索ワードでこのサイトに辿り着いたかなどがわかるアクセス解析ツールです。)

アクセス解析の結果は、PPC広告からの訪問がほとんどで、SEOで来た人はほぼゼロ。また直帰率(サイトの他のページを見ずに、サイトを離れていく率)が80%近くあったので、商品ページに関連商品の画像リンクをつけるように商品ページを変更。CMSを使わずにしているので、全ページ書き換えないといけないのですごく大変。

・・・次回に続く。

SEO

Category:

Web開発

2012年1月10日(火) 6:19 PM

SEOでもしもドロップシッピングで商品を売るために必要な知識や情報を書いていけたらと思っています。

今まで、Yahooリスティング広告を使っていたのですが、売上利益額の倍以上の広告費を使ってしまい、赤字続きであったので、SEOで広告費のかからないドロップシッピングをしようとこのブログを開設しました。

まだドロップシッピング歴が一年にも満たないですが、個人的にPPC広告だけで利益をだすのは非常に難しくなっているのではないかと、やっていて感じました。

その理由として、
①もしもで働いている女子大生がキーワード広告を出して、利益がでるかどうかを試して、その経過を綴った「キーワード広告日記」というブログが、もしもトップページの右バナーから読むことができるのですが、一年間やって、結局黒字にはできなかったみたいで、今はSEOで商品が売れるかどうか試しているためです。

②もしも自体も、SEO特集を組んだり、成功者の声でSEOだけで売り上げを伸ばした人を紹介したり、SEOでドロップシッピングすることを促しているかのように感じられます。

③もしもの商品は数万点ありますが、売れ筋商品はごく限られています。売れ筋商品には競合が多く、広告費(CPC)がかさみますし、それ以外の商品はなかなか売れない。

以上のように、もしもの会員数が増えてしまった今2012年現在では、手軽に始めることができるPPC広告では利益を出すのが難しいと感じ、敷居の高いSEOはまだ競争率が低いと思い、SEOで頑張ってみることにしました。

これは、僕個人的な考えなので、本当のところはどうかわかりませんが、とりあえずSEOでまず一つ商品を売ることを目標に頑張りたいと思います。

もしもドロップシッピング 商品を売る~後日談~

Category:

Web開発

2012年1月10日(火) 5:48 PM

2011年9月もしもドロップシッピングを始める。リアルドロップシッピングも登録したが、なんとなくもしもドロップシッピングの商品の方が売れそうだったのでもしもドロップシッピングにする。

初心者ガイドにそって、今はなき超できすぎくんを使って、15商品くらいを登録する。
(超できすぎくん、売りたい商品を登録するだけでショップサイトが作れるもしもが提供していたツール。今はショップできすぎくんになっている。)

登録した15商品は、トップページの販売成功実績にのっていた素肌革命ナイトケアホワイトリッチ、瞬間湯沸かし器 ユーマッハ、解凍くんなどを登録。

その後、yahooリスティング広告で広告を出してみるが全然売れる気配なし。

ネットで色々情報を集めていると、キーワードアドバイスツールというものがあることを初めて知る。

キーワードアドバイスツールとは、例えば入力フォームに「化粧品」と入力すると、「化粧品 通販」、「おすすめ 化粧品」など検索数の多い関連ワードを表示してくれるツールである。

代表的なキーワードアドバイスツールとして、「Google Adwords」、「Yahoo リスティング広告」、「Ferret」などがある。同じワードで調べたときに「Google Adwords」が一番でてくる関連ワードの数が多いと理由で「Google Adwords」を使うことにする。

・・・次回に続く。

  • 広告

* RSS FEED