Androidアプリ開発入門のFAQとおすすめアンドロイドアプリ・ゲーム紹介サイトです。

初心者のためのSEO対策入門 ~HTMLタグ~

Category:

Web開発

2012年1月18日(水) 6:34 PM

SEO対策として、HTMLヘッダー部分のtitle,description,keywordsやh1,h2タグに検索されたいキーワードを含む文章を書くと効果があると言われています。

しかし、被リンク数よりは効果がなく、優先順位は低いらしいです。

それは、アフィリエイターやドロップシッピングをやっている人たちがこの対策を上手く利用し、検索エンジンの上位に表示されるようにしたためです。Googleは有益な情報や価値のあるサイトが上位にくるように、検索エンジンのアルゴリズムを更新しつづけているので、ヘッダータグやh1,h2タグだけでは、サイトの価値を判断しにくいため、判断材料としての優先順位は低くなったそうです。

ただし、まったく効果がないということもなく、特にヘッダー部分のtitle,descriptionタグは効果があるという記事をよく目にします。なので、僕は、ヘッダー部分のtitle,description,keywordsやh1タグは、検索されたいワードを盛り込むようにしています。(調べた結果、keywordsはあまり効果がないという意見が多く、いっぱいキーワードを盛り込んでも無理なようなので、descriptionで書いた文章の単語の部分をキーワードにしています。)

結論としては、
ヘッダータグやh1,h2タグだけでなく、コンテンツの文章全体にキーワードを含ませたり、コンテンツ自体を充実させることも今は大切です。(大変・・・)

テレビで紹介されても売れるとは限らない

Category:

Web開発

2012年1月18日(水) 5:59 PM

12月に、「12種の表情筋を鍛える フェイススリマー」のPPC広告を出していたのですが、一個だけ売ることができました!

売れたのは12月23日。12月15日に、昼の情報番組「ヒルナンデス」に紹介されて、その日一日で、15クリックくらいあったのですが、その日は売れず、その一週間後くらいになぜか売れました。フェイススリマーの利益額は798円で、12月中に出したフェイススリマーの広告費が807円なので、9円の赤字です。

テレビで紹介されると、広告のクリック数はすごく増えて、多少売れやすくなるのかもしれないですが、簡単に売れないみたいです。(広告がクリックされているのに、売れないのは、自分のサイトのコンテンツやデザインが悪いだけかもしれませんが・・・)

また、「窓用省エネスプレー 寒い暑いその時」も12月2日に朝の情報番組「モーニングバード」で紹介されていると知り、急いで出したのですが、売れませんでした。その時は、3日間で10クリックくらいあったんですが、だめでした。

テレビで紹介されても、利益を確保しながら、売るのは簡単ではありません。また、テレビに紹介されてから慌てて広告を出すのと、事前に広告を出しておくのでは、クリック数や率が結構変わると思うので、テレビで紹介されそうな人気商品や個性的な商品は継続して出しておくことが大切です。

プロジェクトにエラーマークがついた時の対処法

Category:

Android 開発

2012年1月18日(水) 3:57 PM

Eclipseの画面左にあるパッケージエクスプローラーのプロジェクトのところにだけ、赤いエラーマークがついていて、中のソースにはエラーマークがついていないときは、

Eclipseのメニューの[プロジェクト]の[クリーン]を押して、ワークスペースをビルドし直すと、エラーマークが消えることが多いです。

それでも、消えないときは、「debug.keystore」の有効期限が切れている可能性があります

その時は、「debug.keystore」を削除してから、「クリーン」を押すとエラーマークが消えます。
(「debug.keystore」の場所は、Eclipseのメニューの[ウィンドウ]→[設定]で、「設定」画面に入って、左メニュー[Android]→[ビルド]で確認できます。)

「debug.keystore」の場所

初心者のためのSEO対策入門 ~被リンク~

Category:

Web開発

2012年1月17日(火) 6:26 PM

SEO対策で、GoogleやYahooの検索エンジンの上位に表示するための最も効果のある方法は、被リンク数を増やすことだと言われています。

被リンクとは、他のサイトに自分のサイトのリンクを貼ってもらうことです。被リンクのパターンとして、大きく分けて2パターンあります。

①相互リンク
②一方向リンク

の2種類です。

①相互リンクは、主にSEO対策を目的として、互いが他のサイトのリンクを貼ることです。
ドロップシッピングをしている方やアフィリエイターが同業他者に頼む場合はこの場合が多いと思います。(自分のリンクだけ貼って下さい!みたいな勝手なことはできないので・・・)
あとは、相互リンク集のようなSEO対策のためのサイトもあったりするので、そういう場合もほとんどが相互リンクです。(最近は、ドロップシッピングのサイトは登録できない相互リンクサイトもあります。)

②一方向リンクは、他のサイトが自分のサイトにリンクを貼ってくれる、もしくは自分のサイトから他のサイトにリンクを一方的に貼ることです。
一方向リンクは、かなり有益な情報を載せたサイトかコンテンツが充実していないとしてもらえないと思います。特に、アフィリエイトやドロップシッピングのサイトは難しいと思います。
なので、ドロップシッピングやアフィリエイトをしている人達は、複数サーバーを借りて、複数サイト作り
、SEO対策したいサイトに一方向リンクを貼るという手法をとっています。

一方向リンクの方が、相互リンクよりもSEO効果が高いと言われていますが、どれくらい効果が違うのかはGoogleの検索アルゴリズムが公開されていないためわかっていません。

NuKME(ヌックミィ)と U-MO(ウーモ)

Category:

Web開発

2012年1月17日(火) 5:56 PM

12月に、NuKME(ヌックミィ)と U-MO(ウーモ)のPPC広告を出していたのですが、売れたのはヌックミィ2個だけでした。キーワードは「着る 毛布」や「着る 布団」は競合が多く、低い入札価格では、ほぼクリックされませんでした。

コンバージョンタグはもしもに登録しているのですが、売れたキーワードの調べ方がよくわからないので、売れたキーワードが何なのかよく分からないのですが、おそらく商品名(「NuKME」や「ヌックミィ」)で売れたのではないかと思われます。

個人的には人気があるのは、NuKME(ヌックミィ)なのかなと思いました。その中でも人気なのが男女兼用フリーサイズ(180cm)タイプ。

リアルドロップシッピングで、NuKME(ヌックミィ)を調べてみると・・・

なんと・・・もしもが男女兼用フリーサイズ(180cm)タイプの利益が678円(19%)に対して、リアルドロップシッピングは1216円 (41%) もあるのではないか。
(リアルドロップシッピングに移行しようか迷うも、今から変えるのも面倒だと思い、もしもドロップシッピングを継続中。)

リアルドロップシッピングでは、販売個数も見られるのですが、一番売れていたものは男女兼用フリーサイズ(180cm)タイプのアースカラー(コーラルピンク)で販売個数が175個で、ショップ308店の中の1店舗が175個のうちの
84個売っているそうです。みなみにU-MO(ウーモ)はリアルドロップシッピングでは売られていないようです。

もしもドロップシッピングで売れているNuKME(ヌックミィ)の販売個数もおそらく同じくらいだと思うので、やはり利益を出すためには、飛び抜けて売れるショップを作らないと、平均点では儲からないということかなと思いました。(売るの難しい・・・)

* RSS FEED

広告