アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

targetとavdの情報を知るために

2011年1月23日(日) 6:02 PM

AVDを作成する際に必要なターゲットIDは、

コマンドプロンプトで、「android list targets」と打つと、ターゲットのIDと情報の一覧が出てきます。

ターゲットをAndroid1.5にしたい場合、ターゲットIDを1に、

ターゲットをAndroid1.5でGoogleAPIがアドオンされているものを使いたい場合は、ターゲットIDを2に、

すればいいことがわかります。

command-image

また、「android list avds」を入力すると、

作成したAVDの情報が表示されます。

command-image

AVDとは?

2011年1月22日(土) 5:41 PM

AVD(Android Virtual Device)は、アンドロイド仮想デバイスの略で、実際のデバイスのモデルを作成してくれます。

  1. アンドロイドエミュレーターで、アプリを実行する際に必ず必要。
  2. AVDの設定を変えることで、異なるデバイス環境(Android1.6やandroid2.2など)をアンドロイドエミュレーター上でモデリングできる。

AVDは、開発やデバックの際に必要なアンドロイドエミュレーターで、アプリを実行するのに必要な仮想デバイス。

  • 広告

* RSS FEED