アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

実機で開発中のアプリを実行する方法

2011年4月18日(月) 5:38 PM

実機で開発中のアプリをテストする方法は、以下の通りです。

実機の設定(実機 : REGZA Xperia LYNX3D ISO3 ISO4 GALAPAGOS・・・など)

設定」→「アプリケーション」→「開発」の「USBデバック」にチェックを入れる。

実機とパソコンを、スマートフォン用Micro-USBケーブルでつなぐ。

USBケーブルは、スマートフォン用のUSBケーブルでないと、うまくいかない。

スマートフォン用のUSBケーブルでも、すべてのスマートフォンで使えるわけではないので注意が必要。(例: REGZA Xperia LYNX3D のみ対応など。)

USBドライバーをインストールする

コントロールパネル」→「デバイス マネージャー」→「ほかのデバイス」→「Android ADB Interface」をダブルクリック。

デバイス マネージャー画面

ADBのプロパティ画面の「ドライバーの更新」→ドライバーソフトウェアの更新画面の「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリック。

ADBのプロパティー画面

コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」→「すべてのデバイスを表示」を選択して、「次へ」をクリック。

ドライバーソフトウェアの更新画面の「ディスク使用」ボタンをクリックし、Android SDK の「google-usb_driver」フォルダーを指定する。(例: C:\Android\android-sdk-windows\google-usb_driverなど)

ドライバーソフトウェアの更新画面にデバイスのモデルが表示されたら、「Android ADB Interface」を選択して、「次へ」をクリック。

そのあと、ウィザードに従って、ドライバーをインストールする。

Eclipseからアプリを実行する。

プロジェクトを選択し、右クリック→「実行」→「Android アプリケーション」をクリックすると、アプリが実機で実行されます。

いらなくなったワークスペースを消すには

2011年1月20日(木) 6:06 PM

Eclipseのいらなくなったワークスペースを消すには、

「ウィンドウ(W)」「設定(P)」をクリックし、

設定画面の左メニュー、「一般」「開始およびシャットダウン」
「ワークスペース」を指定する。

「最近使ったワークスペース」から、いらなくなったワークスペースを選択、「除去(R)」を押す。

(ここではC;\Users\ユーザー名\workspace2)

delete-workspace

*この方法で、Eclipse上では選択できなくなるが、workspaceフォルダ自体は残っています。

別の方法で、「C:\eclipse\configuration\.settings\org.eclipse.ui.ide.prefs」を開き、

「RECENT_WORKSPACES=・・・」の部分から、いらないワークスペースを消去することでも可能だそうです。

delete-workspace2

Eclipseの文字のフォントとサイズを変えるには・・・

2011年1月19日(水) 5:16 PM

Eclipse(3.5 Galileo)のエディタの文字のフォントを変えるには、

メニューの「ウィンドウ(W)」「設定(P)」をクリック、

設定画面の左メニュー、「一般」「外観」「色とフォント」をクリックする。

fontsize-change

JAVAファイルを変更する場合、

設定画面の右、「Java」「Java エディター・テキスト・フォント(デフォルト値の使用:テキスト・フォント)」を指定し、「編集(E)」。

xmlファイルを変更する場合、

設定画面の右、「基本」「テキスト・フォント」を指定し、「編集(E)」。

すると、フォント画面が出てくるので、フォント名、スタイル、サイズなどを変更することができます。

Eclipseでデバックできない~その2~

2011年1月18日(火) 5:01 PM

Eclipseでandroidプロジェクトをデバックしようとしても、Errorマークが出て、デバックできない。

Errorマークにカーソルを合わせると、

構文エラー。注釈はソース・レベルが 1.5 の場合にのみ使用可能です

という表示が出ています。

また、コンソールの出力画面には、

Android requires .class compatibility set to 5.0. Please fix project properties. 

の文字が出力されていました。

console output

エラーメッセージは、コンパイラーを JDK1.5に変更する必要があるという意味だったみたいです。

Eclipseのメニューで、「ウィンドウ(W)」「設定」

設定画面から、「Java」「コンパイラー」

「コンパイラー準拠レベル(I)」を ”1.6” →”1.5”へ変更。

すると、プロジェクトが再ビルドされて、エラーがなくなります。

この後、「コンパイラー準拠レベル(I)」を ”1.5” →”1.6”に戻しても、なぜかerrorが出なくなりました。

既存のプロジェクトをインポートするには

2011年1月17日(月) 5:30 PM

既存のプロジェクトをインポートするには、

メニューの「ファイル」「インポート」をクリック、

「一般」「既存プロジェクトをワークスペースへ」をクリックし、「次へ」を押す。

import-

「ルート・ディレクトリーの選択(T)」にインポートしたいプロジェクトのルート・ディレクトリーのパスを指定する。
(C:\workspace\(プロジェクト)の時は、C:\workspaceを指定する。)

すると、「プロジェクト(P)」のところに、プロジェクト名が出るので、チェックする。

「プロジェクトをワークスペースにコピー(C)」にチェックを入れ、「完了(F)」を押す。

import-2
  • 広告

* RSS FEED