アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

いらなくなったワークスペースを消すには

2011年1月20日(木) 6:06 PM

Eclipseのいらなくなったワークスペースを消すには、

「ウィンドウ(W)」「設定(P)」をクリックし、

設定画面の左メニュー、「一般」「開始およびシャットダウン」
「ワークスペース」を指定する。

「最近使ったワークスペース」から、いらなくなったワークスペースを選択、「除去(R)」を押す。

(ここではC;\Users\ユーザー名\workspace2)

delete-workspace

*この方法で、Eclipse上では選択できなくなるが、workspaceフォルダ自体は残っています。

別の方法で、「C:\eclipse\configuration\.settings\org.eclipse.ui.ide.prefs」を開き、

「RECENT_WORKSPACES=・・・」の部分から、いらないワークスペースを消去することでも可能だそうです。

delete-workspace2

Eclipseのworkspaceのパスを変更するには

2011年1月16日(日) 7:24 PM

Eclipseのworkspaceのパスを変更するには、

Eclipseのメニュー 「ファイル(F)」「ワークスペースの切り替え(W)」「その他」

を選ぶと、

workspace-luncher

上のような画面が出てくるので、好きなパスを指定して、「OK」を押す。

再び、Eclipseのメニュー 「ファイル(F)」「ワークスペースの切り替え(W)」にマウスを置くと

さっき指定したパス(上の画像ではC:¥Users¥(ユーザー名)¥workspace)が

「その他」の上に、表示されているので、それをクリックすれば、

パスの変更がができます。

※ワークスペースを新しくした場合、Android SDKのロケーションを設定する必要があります。

(メニューの「ウィンドウ(W)」→「設定」から、設定画面の左「Android」をクリックし、
SDKロケーション:に、android-sdk-windowsフォルダのパス
(例えば、C:\Android\android-sdk-windowsなど)を指定する。)

ブログ記事:「いらなくなったワークスペースを消すには」

  • 広告

* RSS FEED