アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

いらなくなったワークスペースを消すには

2011年1月20日(木) 6:06 PM

Eclipseのいらなくなったワークスペースを消すには、

「ウィンドウ(W)」「設定(P)」をクリックし、

設定画面の左メニュー、「一般」「開始およびシャットダウン」
「ワークスペース」を指定する。

「最近使ったワークスペース」から、いらなくなったワークスペースを選択、「除去(R)」を押す。

(ここではC;\Users\ユーザー名\workspace2)

delete-workspace

*この方法で、Eclipse上では選択できなくなるが、workspaceフォルダ自体は残っています。

別の方法で、「C:\eclipse\configuration\.settings\org.eclipse.ui.ide.prefs」を開き、

「RECENT_WORKSPACES=・・・」の部分から、いらないワークスペースを消去することでも可能だそうです。

delete-workspace2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL

https://appli-info.jp/2011/01/20/%e3%81%84%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%92%e6%b6%88%e3%81%99%e3%81%ab%e3%81%af/trackback/

  • 広告

* RSS FEED