アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

コマンドプロンプトからEmulatorを起動する

2011年1月24日(月) 12:53 PM

コマンドプロンプトからAndroid-Emulatorを起動するには、

まず、C:\Android\android-sdk-windows\toolsにあるemulator.exeをどこからでも呼び出せるように、環境変数を設定します。

「コントロールパネル」「システム」「システムの詳細設定(A)」を選び,

システムのプロパティ画面の「設定」「環境変数(N)」を選択する。

システムの環境変数(S)から「Path」を選び、「編集(I)」をクリックする。
(「Path」がない場合は、「新規(W)」から新しく作る。)

システム変数の編集画面の「変数値(V)」に

;C:\Android\android-sdk-windows\tools
(C:\Android\android-sdk-windows\toolsにemulator.exeがある場合)

を付け加える。
(「;(セミコロン)」は前のパスと区別するためにつける必要があります。)

path-image

コマンドプロンプトを立ち上げ、AVDを作成します。

android create avd –name sample –target 7
sampleはAVDの名前を、7はターゲットIDを指定しています。

ブログ記事:「targetとavdの情報を知るために」

commandprompt-image

emulator -avd sample」を入力すると、
(「emulator @sample」でも可能です。@の前に半角スペースを入れるとうまくいきました。)

エミュレーターが起動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL

https://appli-info.jp/2011/01/24/%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%88%e3%81%8b%e3%82%89emulator%e3%82%92%e8%b5%b7%e5%8b%95%e3%81%99%e3%82%8b/trackback/

  • 広告

* RSS FEED