アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

プロジェクトにエラーマークがついた時の対処法

2012年1月18日(水) 3:57 PM

Eclipseの画面左にあるパッケージエクスプローラーのプロジェクトのところにだけ、赤いエラーマークがついていて、中のソースにはエラーマークがついていないときは、

Eclipseのメニューの[プロジェクト]の[クリーン]を押して、ワークスペースをビルドし直すと、エラーマークが消えることが多いです。

それでも、消えないときは、「debug.keystore」の有効期限が切れている可能性があります

その時は、「debug.keystore」を削除してから、「クリーン」を押すとエラーマークが消えます。
(「debug.keystore」の場所は、Eclipseのメニューの[ウィンドウ]→[設定]で、「設定」画面に入って、左メニュー[Android]→[ビルド]で確認できます。)

「debug.keystore」の場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL

https://appli-info.jp/2012/01/18/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e3%81%ab%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%8c%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%9f%e6%99%82%e3%81%ae%e5%af%be%e5%87%a6%e6%b3%95/trackback/

  • 広告

* RSS FEED