初心者のためのSEO対策入門 ~HTMLタグ~

SEO対策として、HTMLヘッダー部分のtitle,description,keywordsやh1,h2タグに検索されたいキーワードを含む文章を書くと効果があると言われています。

しかし、被リンク数よりは効果がなく、優先順位は低いらしいです。

それは、アフィリエイターやドロップシッピングをやっている人たちがこの対策を上手く利用し、検索エンジンの上位に表示されるようにしたためです。Googleは有益な情報や価値のあるサイトが上位にくるように、検索エンジンのアルゴリズムを更新しつづけているので、ヘッダータグやh1,h2タグだけでは、サイトの価値を判断しにくいため、判断材料としての優先順位は低くなったそうです。

ただし、まったく効果がないということもなく、特にヘッダー部分のtitle,descriptionタグは効果があるという記事をよく目にします。なので、僕は、ヘッダー部分のtitle,description,keywordsやh1タグは、検索されたいワードを盛り込むようにしています。(調べた結果、keywordsはあまり効果がないという意見が多く、いっぱいキーワードを盛り込んでも無理なようなので、descriptionで書いた文章の単語の部分をキーワードにしています。)

結論としては、
ヘッダータグやh1,h2タグだけでなく、コンテンツの文章全体にキーワードを含ませたり、コンテンツ自体を充実させることも今は大切です。(大変・・・)

投稿日:
カテゴリー: Web開発 タグ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です