アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

Google Anaytics

Category:

Web開発

2012年2月4日(土) 6:44 PM

Google Anayticsは、サイトのユーザー行動を解析できるツールです。Google ウェブマスターツールと比べて、アクセス数やサイトの滞在時間などサイトでのユーザーの行動を知ることができます。

Google Analyticsもウェブマスターツールと同じく、Googleのアカウントが必要です。アカウントを使ってログインすると、Google Analyticsのアカウントホーム画面になります。画面右にある「歯車の形をしたアイコン」をクリックすると、アカウントの管理画面に移ります。「+新しいアカウント」をクリックすると、新しいアカウントの作成画面に移るので、アカウント名や解析したサイトURLなどを入力して、アカウントを作成します。

アカウントを作成できたら、作成したアカウントをクリックして、アカウント画面に入ります。「+新規プロパティ」をクリックして、新規のプロパティの作成画面に入り、「プロパティ名(サイト名やサイトのURLなどがいいと思います。)」や「サイトのURL」、「タイムゾーン」を入力してプロパティを作成します。

作成したプロパティをクリックし、「トラッキングコード」のタブを押すと、画面の下の方に「2. サイトにこのコードを貼り付けます」という文字の下に以下のようなコードが記されています。

<script type=”text/javascript”>

var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘(ID番号)’]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);

(function() {
var ga = document.createElement(‘script’); ga.type = ‘text/javascript’; ga.async = true;
ga.src = (‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://ssl’ : ‘http://www’) + ‘.google-analytics.com/ga.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();

</script>

このコードを、自サイトのHTMLファイルの</head>の直前に埋め込めば、Google Analyticsの画面にそのサイトの解析結果が表示されるようになります。

難しく書いてしまいましたが、Google Analyticsの画面が「アカウント」> 「プロパティ」の二層構造になっているのだけ理解していれば、あとは難しくないと思います。

プロパティの削除ですが、「プロファイル」の「プロファイル設定」のタブを押して、画面下にある「このプロファイルを削除する」を押すと、削除できます。すこし見つけにくいと思うので書いておきます。

アクセス結果は、「標準レポート」をクリックすると見れ、訪問数、ユーザー数、ページビュー数、平均サイト滞在時間、直帰率、国別アクセス結果、ブラウザ別アクセス結果など様々な情報が見れます。直帰率は、そのサイトが価値のあるサイトかを評価する指標として、検索アルゴリズムに評価対象として入っているのではないかと言われているそうです。

Google Analytics以外では「QLOOk」というアクセス解析ツールがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL

https://appli-info.jp/2012/02/04/google-anaytics/trackback/

  • 広告

* RSS FEED