PhpMyAdminをインストールする

DBをブラウザ上から操作できるように、PhpMyAdminをインストールします。インストール後、第3者に操作されないようにURLの変更やSSL通信の設定を行います。

1.EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)がインストールされているか確認する

rpm -qa | grep epel

EPELはサードパーティ製のリポジトリです。PhpMyAdminをインストールするために必要です。上のコマンドを実行して、「epel-release-7-13.noarch」などと表示されれば、インストールされています。インストールされていない場合は、以下のコマンドを実行します。

yum -y install epel-release

2.PhpMyAdminをインストールする

yumコマンドを実行すれば、最新のバージョンがインストールされます。

yum --enablerepo=epel install -y phpMyAdmin

3.設定ファイルを変更する。

phpMyAdmin.confを編集して、セキュリティの設定などを行います。まずはrootアカウントで viを起動します。

su -
vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

・外部からアクセスするようにする。

「Require all granted」を追加します。

   <IfModule mod_authz_core.c>
     # Apache 2.4
     <RequireAny>
       Require ip 127.0.0.1
       Require ip ::1
       Require all granted
     </RequireAny>

・第3者に推測されないURLに変更(デフォルトはhttp://ドメイン名/phpmyadmin)

デフォルトの設定のままだと、簡単にログイン画面に接続できるため、URLの変更を行います。すでにある2行を「#」でコメントアウトし、変更したいURL(/phpmyadminHogeHoge)を追記します。

#Alias /phpMyAdmin /usr/share/phpMyAdmin
#Alias /phpmyadmin /usr/share/phpMyAdmin
Alias /phpmyadminHogeHoge /usr/share/phpMyAdmin

・SSL通信のみ許可する。

SSLを許可する設定を「SSLRequireSSL」を追記します。

<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
   AddDefaultCharset UTF-8
   SSLRequireSSL

   <IfModule mod_authz_core.c>

4.サーバーを再起動する。

systemctl restart httpd

5.PhpMyAdminにログインする

「https://ドメイン名/phpmyadminHogeHoge」に接続すると、ログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力すれば、DBを操作できるようになります。

※「some errors have been detected on the server」警告の対処法

ページ遷移する際に、毎回警告ダイアログが出る場合は「設定 > 機能 > 一般 > Never Send error reports 」に設定を変更すれば、ダイアログが出なくなります。Php7で推奨されていない処理や文法で警告が出ているようですが、無視しても動作に問題はありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です