CentOS8でMariaDBをインストールする

CentOS8のソフトウェアのインストールはパッケージ管理ソフトウェアである「dnf」を使用して行います。MariaDBのインストールから初期設定の流れは次の通りになります。

1.利用可能パッケージの確認

dnf list mariadb-server

2.パッケージインストール。「完了しました」と表示されたら成功です。

dnf install mariadb-server

3.PHP用ソフトウェアを確認し、インストール。同じく、成功すると「完了しました」と表示されます。

dnf list php-mysqlnd
dnf install php-mysqlnd

4.MariaDBのバージョン確認

mysql --version

5.MariaDBの起動、状態確認。「active (running)」と表示されれば、起動しています。

systemctl start mariadb
systemctl status mariadb

6.自動起動するように設定。ステータス確認で「enabled」となっていれば、有効になっています。

systemctl enable mariadb
systemctl status mariadb

7.MariaDBを初期化します。rootユーザーのパスワード設定、匿名ユーザー削除・rootユーザーのリモートログインの無効化・テストデータベース削除・権限テーブル再読み込みを行います。

mysql_secure_installation
Enter current password for root(enter for none):

rootの初期パスワードは空なので、そのままEnterを押します。

Set root password?[Y/n]Y

Yを入力し、Enterを押した後、新しいパスワードを入力します。

Remove anonymous users?[Y/n]Y
Disallow root login remotely?[Y/n]Y
Remove test database and access to it?[Y/n]Y
Reload privilege tables now?[Y/n]Y

匿名ユーザーの削除、rootユーザーのリモートログイン許可、テストデータベースの削除、権限テーブルの再読み込みをY/nで選択し、「Cleaning up…」と表示されれば、初期化完了です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です