MariaDBの基本操作

MariaDBでの基本的な操作について、解説します。ユーザー作成、データベース、テーブル作成、データ取得から始まり、CSVファイルインポート、バックアップ、リストアの説明をします。

1.MariaDBへ接続する

以下のコマンドの後、パスワードを入力すると接続できます。MariaDBから抜ける場合は「exit」を使用します。

mysql -u root -p
exit

2.データベース作成

データベース一覧を確認するには「show」コマンドを使用します。

create database testdb default character set = utf8;
show databases;

3.ユーザー作成

ユーザーとパスワードを設定し、そのあと権限の付与を行います。今回はユーザー:「testuser」パスワード:「testpass」で設定します。また、権限の確認は「show」コマンドで確認できます。

create user testuser@'%' identified by 'testpass'
grant all on testdb.* to testuser@'%';
show grants for testuser@'%';

4.testdbに接続する

手順2,3で作成したユーザー「testuser」 で、「testdb」に接続する方法を紹介します。

exit
mysql -u testuser -p testdb

5.テーブル作成

create table testtable (col1 int primary key, col2 varchar(32) not null);

6.データ追加

insert into testtable values (1, 'apple');
insert into testtable values (2, 'orange');

7.データ取得

select * from testtable;

8.CSVファイルをインポートする

testtableにtest.csvファイルのデータをインポートする際のコマンドを示します。

csvファイルの内容

col1,col2
3,banana
4,peach
load data local infile '/tmp/test.csv' into table testtable fields terminated by ',' enclosed by '"' ignore 1 lines;

9.バックアップ

MariaDBから「exit」コマンドで抜けた状態で、「mysqldump」を実行します。

mysqldump -u root -p testdb > test.sql

10.リストア

データを削除し、リストアすると元に戻ることを確認します。リストア後はmysqldを再起動します。

delete from testtable;
exit
mysql -u root -p testdb < test.sql
systemctl restart mysqld;

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です