Windows環境でNode.jsを初期セットアップする

0.Node.jsとは

Google ChromeのV8 JavaScriptエンジンで動作するJavaScript実行環境。NetFlixやLinkedIn、Uberなどのサーバで採用されている。シングルスレッドサーバーとして動作し、Event loopでは重たい処理を行わず、Tread Poolで非同期処理やコールバック処理を使用すること(ノンブロッキングI/O)で1個のスレッドで大量の入出力処理が可能になっている。

1.Node.jsインストール

以下のサイトからLTS版をインストールする。

https://nodejs.org/en/

コマンドプロンプトで、「node -v」と入力し、インストールしたバージョンが表示されていれば成功です。

2.Visual Studio Codeインストール

以下のサイトからインストール。Visual Studio Codeを起動し、左の「Explorer」 から任意のフォルダを選択する。(これ以下にjsファイルを作成していく)

https://code.visualstudio.com/

3.Sampleスクリプトを作成する。

コンソール出力するのみのサンプルコードを作成します。「 Explorer 」→「New File」アイコンをクリックし、「sample.js」ファイルを作成します。以下の処理を追記し、保存します。

console.log("Test")

4.Sampleスクリプトを実行する

Visual Studio Code「View」→「Terminal」を選択します。ターミナル上で、コマンドを実行し、「Test」と表示されることを確認します。

>node .\sample.js

5.Webサーバ構築

Expressフレームワークを使用すると簡単にWebサーバを立てることができます。

5.1 npmコマンドで 初期設定を行う

ターミナルで、「npm init」を実行し、「package name」「version」などの設定を行います。(あとで変更できるので、基本デフォルト設定のままで大丈夫です。)すべて設定すると、package.jsonというファイルが作られます。

package name: (webserver)
version: (1.0.0)
description:
entry point: (index.js)
test command:
git repository:
keywords:
author:
license: (ISC)

5.2 Expressをインストール

npmコマンドが使用できるようになったので、ターミナルで「npm i express」を実行します。すると、node_modulesフォルダが作成され、その下にExpressのファイルがダウンロードされています。

5.3 index.jsを作成

サーバのindexページを作成します。index.jsを新規作成し、以下の処理を追加します。処理の内容はGetリクエストが送られてきた場合、「Hello World」を返信を返すシンプルなコードです。

const express = require('express')
const app = express()
 
app.get('/', function (req, res) {
  res.send('Hello World')
})
 
app.listen(3000)

5.4 サーバ起動

ターミナルで「node index.js」を実行します。これでサーバが起動している状態になります。止めたい場合は、ターミナル上で「Ctrl + C」で停止します。

5.5 確認

ブラウザ上からリクエストを投げて、サーバが起動していることを確認します。ブラウザ上で「http://localhost:3000/」を入力し、「 Hello World 」と表示されれば、正しく動いています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です