Unityのインストールと初期セットアップ

Unityにインストール方法を紹介します。

1.UnityID作成

2.UnityHubインストール

3.UnityEditorインストール

4.VisualStudioインストール

5.プロジェクト作成とUnity設定変更

1:まず、Unity IDを作成します。https://unity.com/ja にアクセスし、右上の人アイコンをクリックし、「Create a Unity ID」を押します。作成ページが表示されるので、Email, Password, Username, Full Nameを入力し、(required)と書かれている項目にチェックを入れ、「Create a Unity ID」ボタンを押します。

「Confirm your Email」ページが表示されるので、先ほど登録したメールアドレスにUnity Technologiesからメールが届いていることを確認し、「Link to confirm email」をクリックすることで、ID作成が認証されます。

「Confirm your Email」ページの「Continue」ボタンを押すと、「Sign into your Unity ID」ページが表示されるので、作成したUnityIDを入力し、「Sign in」を行います。すると、マイアカウント設定ページが表示されますので、右上のアイコンをクリックし、「Unityをダウンロード」をクリックすると、ダウンロードページに行くことができます。

2:「Download Unity Hub」を押すと、UnityHubSetup.exeがダウンロードされるので、ダブルクリックを押し、UnityHubのインストールを行います。

UnityHubとは

Unityのバージョンを管理する便利ツールです。Unityインストールは、UnityHubから行います。Unityは複数のバージョンをインストールすることが可能で、かつチーム開発ではバージョンを厳密に合わせる必要があるため、管理ツールが存在しています。また、プロジェクトの起動もUnity Hubから行えます。

3:UnityHubを起動し、「Installs」を選択、右上の「Install Editor」をクリックすると、インストール可能なバージョンのリストが表示されるので、LTS(Long Term Support:長期サポート)の最新バージョンをインストールします。

4:Visual Studioをインストールします。https://visualstudio.microsoft.com/ja/free-developer-offers/

Visual Studio Communityの「無償ダウンロード」からVisualStudioSetup.exeをダウンロードし、ダブルクリックして、Visual Studio Installerを起動します。その後、「Visual Studio Community 2022」の「インストール」を押し、「Unityによるゲーム開発」にチェックを入れてから、再度「インストール」ボタンを押します。

5:一通りインストールを終えたので、Unityプロジェクトを新規作成します。Unity Hubを起動し、「Projects」→「New Project」→「3D」を選択、Project Nameを「Test」などとして「Create Project」を押します。Unity Editorが起動するので、初期設定を行います。右上のプルダウンを選択し、「2 by 3」に変更します。また、「Edit」→「Preferences」→「External Tools」の「External Script Editor」を「Microsoft Visual Studio 2022[17.2.32516]」に変更します。ソースコードをVisual Studioで編集することができるようになります。

※Visual Studioの起動や編集が重い場合は、Visual Studio Codeを使用すると良いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。