アプリ開発・Linuxサーバ環境構築からSEOまで初心者向けのプログラミング技術を紹介しています。

文字の色を変更する

2011年2月12日(土) 10:43 PM

文字の色を変更するには、

AndroidManifest.xmlで

android:textColor=”#ffcc7a7a”を設定すればいいです。

” “で指定できるのは、”#rgb”, “#argb”, “#rrggbb”, “#aarrggbb”のいずれかです。

a: Alpha Channel(アルファチャネル)(透明度)
r: Red(赤)
g: Green(緑)
b: Blue(青)

textchange

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
android:background="@drawable/bg"
>
<Button
android:id="@+id/myButton"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="次のActivityへ"
android:textColor="#ffcc7a7a"
/>
</LinearLayout>

その他のコードは、背景画像を加える。

と同じです。

背景画像を加える。

2011年2月4日(金) 5:17 PM

アプリの背景に画像を設定するには、

resフォルダにdrawableフォルダを作成し、その中にbg.pngを入れる。

そのあと、AndroidManifest.xmlに

android:background=”@drawable/bg”

加えると、表示されます。

backgroud

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
android:background="@drawable/bg"
>
<Button
android:id="@+id/myButton"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="次のActivityへ"
/>
</LinearLayout>

その他のコードは、Intentを使って、Activityを呼び出す

と同じです。

画面の向きを指定する

2011年2月3日(木) 11:20 PM

アプリの画面の向きを指定するには、AndroidManifest.xmlに

縦向きの時、
<activity
android:screenOrientation=”portrait”>

横向きの時、
<activity
android:screenOrientation=”landscape”>

と書けばいいみたいです。

縦向き:

orientation

横向き:

orientation2

< ?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
package="com.example.android.sample"
android:versionCode="1"
android:versionName="1.0">
<application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
<activity android:name=".Sample"
android:label="@string/app_name"
android:screenOrientation="portrait">
<intent -filter>
<action android:name="android.intent.action.MAIN" />
<category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
</intent>
</activity>

<activity android:name=".NextPage">
</activity>

</application>


</manifest>

その他のコードは、Intentを使って、Activityを呼び出す

と同じです。

画面のサイズを取得するには

2011年2月2日(水) 5:03 PM

画面の幅や高さを取得するには、

Activityを継承したクラスのonCreateメソッド内で、

     import android.content.Context;
     import android.view.Display;
     import android.view.WindowManager;

     //画面のサイズを取得するサンプルコード
     WindowManager wm = (WindowManager) getSystemService(Context.WINDOW_SERVICE);
     Display display = wm.getDefaultDisplay();
     int width = display.getWidth();
     int height = display.getHeight();

と書けば、取得できるそうです。

「ソースが見つかりませんでした。」が出たときは。

2011年2月1日(火) 11:58 PM

デバックの際に、「ソースが見つかりませんでした。」というエラーが

デバックパースペクティブ画面にでて、実行できない場合、

res/layout/main.xmlを修正するとうまくいきました。

他のレイアウト.xmlをコピーして、そのまま使う場合によく起こると思います。

レイアウト内に、前のパッケージ名が入ったViewタグが入っているとうまくいきません。

具体的には、以下のようの場合で、赤線部分を正しいパッケージ名に変えるとうまくいきます。

<com.example.android.snake.SnakeView
android:id=”@+id/snake”
android:layout_width=”match_parent”
android:layout_height=”match_parent”
tileSize=”24″
/>

resource not found

  • 広告

* RSS FEED